学習管理 システム(LMS)

オンラインで学習を届ける、受講者管理に最適なLMS

 急激に加速していくオンライン化に対応すべく、株式会社葵で提供している「アオイゼミ」で培ったライブ配信や、オンデマンド配信のノウハウをInstructure社のCanvas LMSをベースに動画配信、受講者管理に最適なLMSを構築しました。マルチプラットフォーム対応だからこそ授業や講義はもちろん、研修等にお役立ていただけます。
 リアルの代替ではなく、オンラインだからこそ体験できる映像配信や日々の業務効率化を行うことが可能になり、洗練されたUI/UXで管理側、実際に使用する受講者の双方向の満足度を高めたLMSが実現できました。

次世代の世界標準 eラーニングシステム「Canvas LMS」

次世代の世界標準 eラーニングシステム「Canvas LMS」には数多くの機能があり、ニーズに合わせた機能を使用することができます。次では核となる機能を紹介いたします。

STEP
コース機能

コースでは複数のモジュール、コンテンツが作成可能です。
受講者をコースにアサインすることで、コース内のリソースへアクセスできるようになります。
コースは、以下を設定して作成します。
・コース名
・参照コード(コースをユニークに識別するためのコード)
・サブアカウント(組織単位での切り分けなどに使用)
・登録期間
モジュールは、コース内のアイテムを分かりやすくまとめる枠組をつくることができます。
下記のアイテムをモジュールでまとめることで、受講者に効率的に学習を届けることが可能です。

STEP
モジュール機能

モジュールは各コンテンツを受講者に対してより受講しやすくまとめられる機能です。モジュールには課題、テストのLMS機能をまとめるだけでなく、外部URLやファイル共有が可能です。モジュール単位で習熟度や評価を設定し、一定基準を満たすまで他コンテンツを使えないようにすることも可能です。

機能
アナウンス機能

受講者に対して、該当コースでお知らせや連絡事項を配信することができます。配信する受講者も簡単に設定することができるので安心です。

機能
課題機能

画像やPDF等の各種ファイルに対応した課題のオンライン提出形式、選択式や記述式で回答することが可能な小テスト形式での課題等、幅広く設定することが可能です。

機能
ディスカッション機能

掲示板デザインで会話に最適です。文章だけでなくファイルの添付も可能なので充実したディスカッションをすることができます。

機能
成績管理機能

成績評価の方法は課題やテストの評価が反映されます。採点評価基準を設定すれば自動で成績評価を行うことも可能です。

機能
メンバー機能

受講生や講師の設定はもちろん、課題追加者等の様々な権限の割り振りをすることが可能です。利用時間やログイン履歴を把握することができます。

機能
ページ作成機能

リッチテキストエディタで直感的に編集することができるので、動画や資料の共有が簡単に行えます。自由にコンテンツを設置できる最高の機能です。

機能
ファイル管理機能

アップロードしたファイルを一括で管理することができます。個人・コース・ユーザーグループの3種類で管理が可能です。

機能
要綱(シラバス)機能

コースのスケジュール・評価基準・コンセプト等のコース要綱を自由に設定することが可能です。

機能
成果機能

コースで成果を設定すると習熟度・達成度を把握することが可能です。受講者のモチベーションにもつながる大事な機能です。

機能
注釈機能

主に達成度をレベル別に把握することが可能です。課題やテスト、成果に注釈を作成して共有が可能です。

機能
テスト機能

習熟度を評価する小テストが受講できるようになります。小テストはストックしておくことができるので、オリジナル教材等を事前に用意することが可能です。穴埋めや小論文問題等幅広い解答形式を選択できるのでコース要綱に沿った最適な小テストを表示することができます。

お問い合わせ

【導入のご相談・お申し込み】
受付時間 11:00~18:00(土日祝は除く)

ご入力いただいたお名前、メールアドレス、電話番号などの個人情報は弊社「個人情報保護の取組みについて」に沿って使用いたします。つきましては、弊社「個人情報保護の取組みについて」をご確認の上、ご同意いただけましたら送信ボタンを押してください。